鰲巓道契 一行書

NEW
商品コード: Y-103
鰲巓道契 一行書

掛軸 一行書

紙本83(140)×27cm/シミ 補修痕

 

幕末・明治の僧。尾張生。鰲巓は道号、道契は諱、別号に瑞応軒、俗姓は伊藤、のち関を自称する。10才で出家し、尾張の禅隆寺、肥後の見性寺、豊後の多福寺に住した。蘇山玄喬に参じる。明治4年大教正に叙せられ、妙心寺派初代管長となる。明治24年(1891)寂、78才。

関連カテゴリ:
日本の遺墨
日本の遺墨 > 僧・宗教家
日本の遺墨 > 僧・宗教家 > 臨済宗
大分の書画
墨蹟・禅の書画 > 臨済宗
販売価格:16,500
数量
在庫
1