勝海舟 瓢箪 自画賛 大横物

NEW
商品コード: H-523
勝海舟 瓢箪 自画賛 大横物

掛軸 紙本

本紙=縦34.5×横79.5cm/小オレ

表具=縦124×横84.8cm/オレ 端虫クイ

 

幕末・明治の幕臣・政治家。江戸生。旗本勝左衛門太郎の長男。名は初め義邦、のち麟太郎、維新後は安芳、通称に安房守、海舟は号。島田見山に剣道を学び、さらに永井青崖について蘭学を修業、のち私塾を開く。軍艦奉行。大政奉還に尽力。維新後、新政府の海軍大輔・参議兼海軍卿・枢密顧問官となる。幕末三舟の一人。明治32年(1899)歿、77才。

関連カテゴリ:
日本の遺墨
日本の遺墨 > 政治家・軍人
日本の遺墨 > 武家
販売価格:132,000
数量
在庫
1