棟方志功 欄前花地覆

オススメ
商品コード: N-021
棟方志功 欄前花地覆

掛軸 肉筆 書幅 紙34.5(107)×46㎝


1903-1975 昭和時代の版画家。明治36年9月5日生まれ。油絵を独学し,大正13年上京。平塚運一を知って木版画に転じ,昭和11年国画会展の「大和し美し版画巻」で柳宗悦らに注目された。13年新文展で「善知鳥」が特選,31年ベネチア-ビエンナーレで「柳緑花紅頌」などが国際版画大賞。自らは版画を板画と称した。45年文化勲章。昭和50年9月13日死去。72歳。青森県出身。自伝に「板極道」。【格言など】わ(私)だば,バン=ゴッホのようになりたい(「わだばゴッホになる」)出典 講談社

関連カテゴリ:
掛軸・書
版画 > 創作版画
販売価格:270,000
数量
在庫
1