楊守敬 隷書 対聯

NEW
商品コード: C-003
楊守敬 隷書 対聯

掛軸 対聯

紙本134.5(198)×32㎝

 

清末・民国初期の学者・書家。湖北省の人。字は惶吾、号は隣蘇老人。駐日公使の随員として東京に4年在住し、『日本訪書志』十六巻を著す。また書家として知られ、来日中に巌谷一六や日下部鳴鶴等の書家と交遊して、北魏の書法を伝え大きな影響を与えた。民国4年(大正4・1915)歿、77才。出典 (株)思文閣

関連カテゴリ:
日本の遺墨
日本の遺墨 > 書家
中国の書画
販売価格:495,000
数量
在庫
1