福沢諭吉 三行書

NEW
商品コード: 0-035
福沢諭吉 三行書

掛軸 絖本134.5(200)×57.5㎝ 小シミ

日出の東 日没の西 春風萬里五雲斎し 帝京 朝賀 人すでに散ずるも

台北台南 鶏未だ啼かず 丙申元旦(明治二十九年作)


幕末・明治の啓蒙思想家・教育者。豊前国中津藩士福沢百助の五男。緒方洪庵に蘭学を学び、さらに英語を修得する。渡米・渡欧して各国を視察、『西洋事情』を刊行し欧米文明の紹介に努める。また芝新銭座に慶應義塾を創設し活発な啓蒙活動を展開、『学問のすゝめ』は人間平等宣言と〈一身独立・一国独立〉の主張により、ベストセラーとなる。また「時事新報」を創刊し、政治・時事・社会問題や婦人問題などに幅広く論説を発表した。明治34年(1901)歿、68才。出典 (株)思文閣

関連カテゴリ:
掛軸・書
掛軸・書 > 儒者・教育者
販売価格:432,000
数量
在庫
只今品切れ中です。