鳥山巽甫

商品コード: N-087
鳥山巽甫

掛軸 書状 牙軸 不二文庫蔵印有

日本書蹟大鑑・第十八巻/小松茂美編・講談社/所載品(コピー資料付)
紙本31(119)×45.5㎝

江戸前期の歌人。名は輔忠・触、巽甫は字、号は入斉、通称は孫兵衛。初め東福門院に仕え、のち女三官顕子内親王の家司となり若狭守に任じられた。書を藤木敦直・僧寂源に学び大師流を能くしたが、のち晋唐の行草を法とし一家を成し、漢字・仮名ともに巧みにした。延宝7年(1679)歿。出典 (株)思文閣

関連カテゴリ:
掛軸・書
掛軸・書 > 書家
販売価格:129,600
数量
在庫
1