コンテンツ

沿革

創業37年 当店の歴史
昭和56年(1981) 伯父の高見乾司が大分県湯布院町に『由布画廊』を開店。
その後、同町の湯の坪街道に『古民芸糸車』を開店、父・高見剛が大分県天瀬町に『ひぐらし古民芸店』を開店。
昭和61年(1986) 九州の民俗仮面や大分の民陶・小鹿田焼、古布などの木綿資料、九州出身の画家の作品を主要コレクションにした、由布院空想の森美術館を開館。
平成11年(1999) 私、高見俊之が同館に就職、平成13年(2001)、同館を閉館。
平成14年(2002) 独立し湯布院町にギャラリー金次郎を開店。
平成23年(2011) 『株式会社ギャラリー金次郎』を設立。
平成26年(2014) 文人館を開店。現在に到る。