堯恕法親王 瀟湘八景 書画 巻物 海野済美堂箱書

NEW
商品コード: H-415
堯恕法親王 瀟湘八景 書画 巻物 海野済美堂箱書

巻物 絹本 海野済美堂箱書

本紙=縦27×横403cm/概ね良好

 

堯恕法親王(ぎょうじょ ほっしんのう、寛永17年10月16日(1640年11月29日) - 元禄8年4月16日(1695年5月28日))は、江戸時代前期の皇族・天台宗の僧。後水尾天皇の第十皇子。母は園基音の娘・新広義門院園国子。天台宗延暦寺別院妙法院の門跡。幼名は照宮。諱は完敏(さだとし)。字は体素。号は逸堂。親王宣下後、得度して比叡山に上る。天台座主となり、のち、鉄龍庵に隠退して獅子吼院と号した。詩、書画にすぐれ、著に「僧伝排韻」、詩集「逸堂集」などがある。

関連カテゴリ:
日本の画家
日本の画家 > 江戸絵画・琳派・諸派
日本の画家 > 山水
日本の遺墨
日本の遺墨 > 僧・宗教家
日本の遺墨 > 僧・宗教家 > その他
販売価格:165,000
数量
在庫
1