川上不白賛 狩野休真画 人物図

NEW
商品コード: H-588
川上不白賛 狩野休真画 人物図

掛軸 紙本

本紙=縦34×横54.5cm/ヤケ 水シミ

表具=縦124×横58cm/ヤケ 水シミ 虫クイ少々

 

川上不白

江戸後期の茶人。不白流の祖。紀伊国水野藩士川上五郎作の次男。茶名は宗雪、別号を孤峰・黙雷庵・蓮花庵、俳号を不羨庵等。茶匠を志し、如心斎宗左の門に入る。師の許しを受けて江戸に住し江戸千家を創設。文筆・俳諧も能くし、著書に『不白筆記』等。文化4年(1807)歿、91才(一説に89才)。

 

狩野休真

江戸期の狩野派の画家。本姓羽賀氏。初め下谷御徒町狩野家の狩野玉燕に学び、その後狩野宗家の永叔主信の門に入る。享保頃の人、生歿年未詳。

関連カテゴリ:
日本の画家
日本の画家 > 江戸絵画・琳派・諸派
日本の画家 > 人物
日本の遺墨
日本の遺墨 > 茶人
茶掛け
販売価格:110,000
数量
在庫
1